Sep 19, 2011

CASIO OCEANUS OCW-T1000

ひさびさの時計関連の書き込みです。というのも、求め続けていた時計に出会いました。

アナログ多機能で実使用できる時計を求めていたのですが、機能だけなら搭載されていたものは多くあったものの、実際使いやすいかというと疑問を感じるものが多かった。

私がアナログ多機能に求めているのは

・ソーラー
・マルチバンド電波
・デイデイト
・タイマー/ストップウオッチ/アラーム/2箇所の時刻同時表示
・チタン(純チタンはステンレスより柔らかいのでチタン合金あるいは表面処理)
・サファイアクリスタル風防
・LEDライト
・バッテリー残量表示
・ねじロックリューズ
・10気圧以上防水性能(できれば水中操作可能なもの、洗剤使っての洗浄したいので、、w)

T1000は発売開始してから1年経過するわけで、なぜ今?ということですが、ニュースリリースで存在は知っていたものの、今まではリューズ無しだったのでダイレクトフライトの真似?
あるいは時計らしく演出するためのギミックだろうと思ってチェックしていませんでした。
そもそも、ねじロックできないリューズは防水性能的に疑問あり。
(ただ、某スイスダイバーでねじロックだけどパッキンがリューズヘッドだけで巻芯にパッキン無しだったのには驚きました、所詮ファッションウオッチメーカーなんだなと。。この点最強なのはやっぱ、水圧に比例して防水性能を上げるトリプロックリューズ)

脱線しましたが、改めてチェックしてみて、この時計は本気で使える時計として企画、設計されたものだと感じました。

なんと言っても、3針に独立モーターを配備したのは大正解!5モーターを使ったものはいままでもあったけど、3針独立は無かったかと?これにより、モード切替時の針待機までの時間が大幅に低減された。

また、各種状態表示のレイアウトもシンメトリに整理されていて見やすい。
針の取り付け位置精度も高い。国産他社時計で秒針がインデックスにのっていないものもわりと多いが、カシオは精度が高い。
実は、針の遊びは原理的に難しい問題のようで、他社の高額時計はわざわざギアの遊びをバックラッシュをかけて解決しているが、カシオはギアの遊びをどのように解決しているのか興味があるところ。

PROS
・3針独立モーターで機能切り替えたときの機敏な動作を実現
・洗練された文字盤レイアウト
・2箇所のタイムの瞬時切り替え
・リューズの取り付け穴のクリアランスが少なく、これで衝撃をガードしている?
・非対称ケースバックでリューズとの干渉を緩和

CONS
・リューズボタンが押し方向に遊びがあるため、巻芯とパッキンが常に摺れた状態?
・設定時に反転方向に連続運針できない
・このクラスに求めるのは酷かもしれないが、針の平面度、塗装の質がまだ改善余地あり?

OCW-S2000でリューズ押しボタンが廃止されたようだけど、多機能路線のT1000の次機種展開でうっかり押してしまう動作についてどのように解決されてくるのか?が興味あります。
#私はうっかり押してしまう件については問題に感じてないけど。

私にとってT1000はアナログ多機能の完成形という印象を持っています。
欲を言えば、

・LEDオートライト
・バッテリー残量メーター

があれば完璧だと思いました。

大量に取説がついていると思ったら日本語以外が沢山ついていましたw
3年保証がついているのも安心。永く使ってみようと思わせる時計です。

ちなみに、この時計をたまに冷やかしに行くだけで今までバネ棒くらいしか買ったことが無かった小さな専門店で買いました。
基本ロレ専門店なのでだめもとで「カシオ扱ってないですよね?」って聞いたら型番を伝えたら出てきてしまいましたw。
「うちはカシオで商売してないので勉強するよ」ということでめちゃ値引いてもらいました。
暑い中チャリで行ったら、冷たいおしぼり出してきれくれて、キズ見でちゃんとチェックさせてくれたり、店の場所電波弱いのでブースターでチェックさせてくれたりして、こんなことは量販店だとできないですよね。
なお、「カシオで商売していない」の意味は安物は扱わないということでは無くて、カシオは量販店中心に展開しているので、品揃えとかお客さんの期待に応えられないという意味にようでした。
デッドストックっぽくて製造番号的には初期ロットっぽいけど、ファームのアップデート無さげだしまあいいか。
量販店で買うときにはバンドの駒詰めは自分でやっていたけど、この店の腕は確かなのでやってもらいました。

|

Aug 22, 2009

Spring Drive

セイコーのスプリングドライブ、機械式より複雑ですね。動作原理はスプリングがほどける力を利用するところまで機械式と同じなんだけど、クオーツ精度でホイールを電磁ブレーキ制御するとのこと、結果得られるものは連続運針らしい。 オートクオーツと機械式の中間的なものかなぁ?それにしても連続運針のためにこれだけのメカ、すごいこだわりだと思う。 そこまでしても機械式とは違う印象をもつし、連続運針する必要があるのか?という気もするがこういう機能実現する部品ひとつひとつには無駄を排除した洗練された美しさを感じます。

|

Aug 13, 2009

PRW-2000買った

カシオのプロトレックが欲しくなって調べていたらPRX-2000Tというのがいいと思ったけど、くそ高い! これの樹脂モデルないかなぁ?と調べていたら、カシオのHPにはまだ情報が上がってないけど、見つけた! 今月発売したばかりだそうな、、うーん無いかなぁ?と諦めていたけど、近所の家電量販店でゲットできた。 感想。。。でかい! けど、機能満載でしばらく遊べそう。

|

Jun 15, 2009

針位置補正機能比較

Gショックとかいいながら、耐磁なし、針位置補正無しでどうよ?と思っていたカシオが後発でこの機能を搭載して、セイコー、シチズン、カシオとも針位置補正機能のラインナップが揃った。
ちょっとそれぞれの振る舞いについて書いてみる。(正確な情報は各社HP参照してください。)

●セイコー(針位置自動修正機能-とくにペットネーム無し)
秒針は1分間毎、時、分針は毎12時(1日2回)に針位置をチェックし補正

●シチズン(パーフェックス)
JIS1種耐磁、衝撃検知機能、針補正機能がセットになっている。1分毎に±5秒以内を補正

●カシオ(タフムーブメント)
一時間毎に55分に補正、自動補正範囲は-55分~+5分以内。ただし、ボタン長押しの「今すぐ補正」すると3針とも補正できる。

どの方式も実用上十分な補正能力を持ち合わせていると思うが、、、

それぞれ一長一短がある感じがする。放置しておいてもいつの間にか合っているのはセイコー。
一時間程度磁石にくっついて時計が止まっていても補正できるのはカシオ。
時針の補正機能は無いが、耐磁、衝撃検知で基礎体力を持っているのはシチズン。

うーん、甲乙つけがたい。

ちなみに、日付基準位置自動補正は各社ともできない。

|

May 24, 2009

GW-M5600 vs GW-5000

私はGW-M5600と併用しているがコンパってみよう。

GW-M5600
発表:2008年1月
価格:21000円(税込) 実売14700円

GW-M5600
発表:2009年3月
価格:39900円(税込) 実売27930円

pros
・金属ケースw/DLC、スクリューバック
・ボタン間隔が狭くなった
・ソフトウレタンバンド
・タイマーが24時間
・ケースバックが厚い分ベゼルと腕との干渉がすくなくなりベゼルが劣化でベロベロになりにくいかも?
・おちついたデザイン(高級感は無いが、、笑)
・SNZ/ALM/SNGのレイアウトが変った
・MADE IN JAPAN

cons
・値段が高い
・重い、厚い

なお、動作時間はテスト条件が違うため結果が異なっているが同じように思える。
充電時間は異なるが、電池の特性が変ったためか電圧検出レベルが変ったためかは不明。

ちなみに、テストモードがある。興味があったらさがしてみてください。

|

May 23, 2009

CASIO G-SHOCK GW-5000-1JF 買った

昨日はこれ買うなら欲しいプラグインあるだろ?と自問自答していましたが、結局CASIO G-SHOCK GW-5000-1JFを近所の家電量販店で買ってきた。音楽製作の環境強化はWin7がでたら始めようと思います。

正直Gにはあまり興味が無いが安いので時々買ってしまう。モデル名は忘れたけどマッドレジストで泥が入ったらネジをはずしてカバーをはずせば洗えます?みたいなことがカタログに書いてあったのでやってみたところ、裏ブタと共締めになっていて裏ブタまで外れてしまったのにはぶっとんだ。やるなぁ。>C社
その他、いろいろと買ったはいいけど愛着が持てないというのを何度か繰り返していたが、今回のはちょっといいかも?
なんせ、初代モデルの進化系ですから、一つの完成形かと、、

私:今日入荷ですよね?
店員:はい、ショーケースから出すのはお客様が初めてです。今日は1個しか入荷してないんですよ。

購入動機は、今まではGW-M5600を愛用していてとても視認性が高く気にいっていたので、それのフルバンド受信モデルが欲しかったため。
って言っても、中国の電波受信が追加されただけなんだけどね。中国は行ったことが無いしこれからも行くことは無いだろう。
それと、メタルケース+スクリューケースバックも魅力に感じたため。

ま、積極的な理由は無いです。衝動買いってそういうもんでしょ?と開き直る。

DLCコーティングはメッキみたいなものなので、耐傷性は高いけど、衝撃時の性能は部材になっている金属によるところが大きい。
このモデルは部材はステンレスなのでそれなりのものである。高いモデルになるとチタン合金だったり深層硬化処理をしたチタンが使われていたりする。でも、この値段だったらチタンで出して欲しかった。

ちなみに、「チタン」って硬いイメージがあるが、純チタンはステンレスよりやわらかい、合金になって硬度が増す。

pros
・6バンド受信
・ケースが金属、スクリューバック
・しなやかバンド

cons
・値段が高い
・ミネラルガラス
・ちょっと重たいかな?

では、記念撮影をいくつか、、

顔です、左は今まで愛用していたGW-M5600です。赤ラインがアクセントになって気にいっていました。

ケースが金属になっています。

タイ製vs日本製

金属ケースバックが光っています。ボタンなどのレイアウトも微妙に変っています。

low batt表示実験

これどうみても5千円ウオッチにしか見えないっすよね。

|

May 22, 2009

CASIO G-SHOCK GW-5000-1JF

私はGショックファンでもコレクターでもないが、というか、ケースを梱包材でくるんで強度を出してるのは、ずるいっしょ。。
とすら思っているニュートラルな人間ですが、そんな私でも気になるモデルが発売された。

これは1983年に発売された初代Gショックをベースに、現在地球上にあるすべての標準電波を受信できる「マルチバンド6」に進化したモデルです。
ある意味、Gショック歴史上重要なモデルになると思います。3月3日に発表されたあと、首を長くして発売されるのを待ってました。ぼちぼち出荷開始が始まったようです。
さらに、ケース、裏蓋にDLCコーティング(ネガLCDはさらに美錠、ボタンも...)に、を施しているとなると、もう買うっきゃないでしょ!裏ブタはそんなキズは付かないと思うので、表に出ている部分でキズが気になる部分は美錠だけだと思うのですが、この無駄なこだわりも好きだなぁ。。でも部材はステンなんですよね。価格を考えるとちょっと減点ポイント。

私はデザインはみてくれだけを言うのではなく、機能を伴って初めて成立するという考えで、その究極の表現は「機能を実現した結果形成された意匠は美しい」と思っているので、この時計のコピーにある「余計な機能や装飾のない、一切の無駄を省いた耐衝撃デザイン。」
というのは食指が伸びます。実際は、ちょっとファッションウオッチ的な要素も入っていそうですけど、、

|

Dec 29, 2008

バネ棒

バネ棒を買ってみた。どれも似たようなものだろうと思っていたら、グレードがあるみたい。写真だとあまり違いがわからないかも知れないが、エッジとか仕上がりの違いが見受けられた。

|

Dec 23, 2008

OCW-T400TB-1AJF[5054]

ちょっと、小針の遊びが大きいのと、ラグ取り付け部のバネ棒に遊びが全くないのが気に入らないがおおむね満足。

|

Jul 30, 2008

タフムーブメント

ひさびさに腕時計の話題など、、、セイコー、シチズン 、に続いてカシオ も針位置自動補正機能を開発した。
カシオってラフ使用に強いというイメージがあるが、針式に関しては磁気、衝撃でずれたときの補正が無かったので疑問をもっていたが、やっと、横並びした。でも、補正タイミング、耐磁など総合的に見るとまだシチズンが優れている印象がある。
ただ、元祖電波のシチズンなのにマルチバンド展開はまだ限られた機種のみになっているのが残念。

|